« 再生可能ナントカ制度がスタートしたので | トップページ | 街の電器屋すげー! »

夏のさなかに、お盆休みに

エアコンを壊した。壊れた、ではない。壊した、だ。自己責任。

Photo_2

 余りにお手軽に変更できるので。

 このブレーカー、単相3線の家庭用 100V/200V をお手軽に切り替えられる代物。切り替えには電気工事士の資格が必要だが実作業は

 1. 分電盤を開ける
 2. ブレーカーを引き抜く
 3. 上の方のボタンを押し込む
 4. ブレーカーを押し込む

これだけだ。電線の露出部に触るリスクもないので感電する心配すらない。いや、ホントは危ない。主幹を切らないといけない。本当は。工事士の人はそうやってるはずだ。が、エアコンの効いたリビングで "チャングムの誓い" の 24話を見ている奥様に "家中を停電させる" などとは口が裂けても言えない。

 それまで 100V で使用してたガレージのコンセントを 200Vにして溶接機用に使おうと思っただけだったのだ。完全にさむやぁの都合。

 ブレーカーの位置を確認して、右から4番目を抜いて、ボタンを押して、挿して。




 微妙に嫌な予感。

 再びブレーカーの位置を確認。何だ、このスペーサーは?

 どうやら間違えたブレーカーを変更して寝室のエアコン専用回路に 200V をかけてしまったことが判明。

 平静を装いつつ、寝室へ。リモコンへの反応無し。自己診断のランプの点滅もせず・・・・。確認むなしくエアコンはお亡くなりに。案の定制御系基板の電源部分あたりが焼け飛んだと思われる。

 仕方がないので近くの電器屋に走り、チョンボの顛末を説明。エアコンの品番を伝えてお盆休みのメーカーに制御基板を見込み発注願い。その足で近所のヤマダ電機で扇風機と最近流行のサーキュレータとか言うヤツを購入。

 エアコンが効かなくなった寝室で買ったばかりのサーキュレータの風を浴びながら全く以て生産的ではない以上のような顛末の夢を見た。(と言わなければならないらしい。工事士の免許ないし)

 パーツが来るのは早くて週明けの火曜日か水曜日。熱帯夜はもう数日続くのであった。

« 再生可能ナントカ制度がスタートしたので | トップページ | 街の電器屋すげー! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/55438535

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のさなかに、お盆休みに:

« 再生可能ナントカ制度がスタートしたので | トップページ | 街の電器屋すげー! »