« リヤヒーターにコントローラーを付ける (その3 動作確認編) | トップページ | NAS を買ってみた »

リヤヒーターにコントローラーを付ける (その4 まとめ)

一応まとめ。

費用
 omron 温調器 E5CB-R1TC
  \8,230- (新品)
 K型 シース熱電対 φ1.6mm
  \1,000- (ヤフオク中古)
 補償導線 20m
  \1,500- (ヤフオク新品)
 リレー omron MY4 DC12V
  手持ち (新品は \1,040-)
 リレー BOSCH
  手持ち中古の自動車用
 その他カプラ、ギボシの端子など

合計で \12,000- 弱。これ以外に結果的に使えなかった温調器とかあるので実際にはもうちょっと。インパネに温調器を仕込むために手持ちの t=2.0mm のアルミ板を少々、そいつを黒塗装なんてところまで入れると・・・・。面倒だ。細かいし。

 そんじゃぁ、全部新品で揃えるとって考えるとシース熱電対は \3,000-くらい。シースの太さは温度の追従性を考えると φ1.6以下。太いのは制御性悪。測温位置を上手に配置、チューニングできれば秋月とかでこんなのでもOK。補償導線K型用は \600-/m くらいから。熱電対をリヤのルームランプ近くに置くとすると必要長さ 5m 位かなぁ・・・自信なし。リレーは 2個で \2,000- 位。そんなこんなで無加工のパーツだけで合計 \16,000- くらい。他はギボシとか電線とか。

 市販品は売る、っていう責任から取り付けパネルもきちんと作らなくちゃいけないし、パーツも新品でそろえ、開発費の回収も必要・・・・。とすると実は \37,800- は心情的にはだいぶ高価な感じも受けるが妥当な金額。ショップの取り付け工賃は・・・人件費だしな。


 

« リヤヒーターにコントローラーを付ける (その3 動作確認編) | トップページ | NAS を買ってみた »

レジアスエース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/54093649

この記事へのトラックバック一覧です: リヤヒーターにコントローラーを付ける (その4 まとめ):

« リヤヒーターにコントローラーを付ける (その3 動作確認編) | トップページ | NAS を買ってみた »