« リヤヒーターにコントローラーを付ける (その2 動作設定編) | トップページ | リヤヒーターにコントローラーを付ける (その4 まとめ) »

リヤヒーターにコントローラーを付ける (その3 動作確認編)

付いた。動いた。確認した。Ill_on

 

 まぁ、収めるとしたらここしかない。これを収めるためにこの大きさの用途不明の小物入れがついていたんじゃないかと思えるくらいの感じでビッタリ収まる。この部分だけデジタル表示なのが微妙と言えば微妙だが。

 で、早速試してきた。

 スキーに行く道中でチューニング。窓埋めやカーテンの有無、熱電対の位置、リヤヒーターの出口などチューニングの余地は多いのは事実だけれどまずは1発目。動作確認もかねて。

 荷室の空気の攪拌には 12V の車載用扇風機 を使用。熱電対はとりあえず、でリヤのランプの横あたりの天井に配置。

 制御:on-off
 設定:22℃
 アラーム: -3℃ (20℃)

でひとまず落ち着いた。ヒーターの吹き出し口と扇風機が遠いので荷室内にちょっと温度差が出来るけれども温調器上の表示は 21~22℃ で安定。荷室の温度が低ければきちんと Mid の風力になるしひとまず狙ったどおりの動作は実現できた。

 外気温 -7℃で 室温25℃設定にしたら Lo でファンがまわりっぱなしになったが、 Mid 作動までは温度が下がらなかったので実用域としては問題ないレベルだろう。

 ファン速度は 2段階、しかも on-off 制御だけれど十分な機能。狙った温度に勝手になる、ってこんなに快適だったっけ?って思うくらいだ。リレーは防音処理をきちんとしないと若干の作動音が出るかもしれない。

 そんなこんなでいよいよ泥沼(?) のチューニングが始まるのだ。

« リヤヒーターにコントローラーを付ける (その2 動作設定編) | トップページ | リヤヒーターにコントローラーを付ける (その4 まとめ) »

レジアスエース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/54085928

この記事へのトラックバック一覧です: リヤヒーターにコントローラーを付ける (その3 動作確認編):

« リヤヒーターにコントローラーを付ける (その2 動作設定編) | トップページ | リヤヒーターにコントローラーを付ける (その4 まとめ) »