« 燃焼ヒーターを付ける~その7 いよいよ試運転 | トップページ | Chim Chimny, Chim Chimny, »

キーシリンダを交換する

必要に迫られた。明日の朝は早いのに。ぶつぶつ。

Keycyl

この写真の時間で 22時半くらい。まぁ、ここまで来れば後は組むだけ・・・。

 さむやぁのロドスタは中古。手元に来たときから安物の合鍵が 1本しかなかった。すり減っちゃってるおかげで引っかかって上手くまわらない。前オーナーが結構無理して使っていたのかその鍵の根本にはクラック。ダメなことは分かっていた。が、そんな状態で合鍵作ってまともに動くわけないので、だましだまし使っていた。そう、過去形。

 その命綱とも言える鍵を3週間ほど前に紛失。で、考える。”いずれ鍵は全交換が必要になる” とヤフオクで確保しておいたキーシリンダは一式一台分手元にある・・・・。

 鍵屋を呼んでドア解錠・・・高いし、ドアは開いてもキーがない。
 窓ガラス割ってドア解錠・・・修理面倒だし、ドアは開いてもキーがない。
 幌切ってドア解錠・・・コストパフォーマンス悪すぎ。

面倒だったので、ドアの鍵を破壊することにした。いずれ交換するつもりでいたのだ。問題あるまい。

 で、ざっくり手順。
 
 まず、ドアの鍵を破壊。あんまり気持ちよくないけどキー部分に 10mm のドリル突っ込んでガリガリ。

 ドアを解錠したらステアリング外して、レバーアッシーを取り外す。ホースバンドのような構造で取り付けてある。ネジは下側 1本。ワッシャが落ちてしまうので緩めすぎるのは NG。

 メーターフード、メーターを外す。

 キーシリンダアッシーを外す。M8 の首切りボルト 2本で締めてある。紳士的な方法ではこの 2本のボルトは緩まないので実力行使で。場合によっては気合いと根性。

 晴らしの逆順で組んで完了。ついでにドアのキーシリンダも交換する。

 実は首切りボルトを緩めるのが一番大変なので、その部分をクリヤしてしまえば 22時半だろうと、一応は今日中に終わる、と踏んだ。ひとまずメイン (イグニッション) のキーシリンダと運転席側のドアを交換すれば明日は使える・・・・。

 今回は作業の内容が内容なのであまり詳しくは書けないな。

 

« 燃焼ヒーターを付ける~その7 いよいよ試運転 | トップページ | Chim Chimny, Chim Chimny, »

NA ロードスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/53430510

この記事へのトラックバック一覧です: キーシリンダを交換する:

« 燃焼ヒーターを付ける~その7 いよいよ試運転 | トップページ | Chim Chimny, Chim Chimny, »