« U.S. から薪割り機を個人輸入してみる。 (その3 引き取り編) | トップページ | iPhone 3G をまだまだ使う (その1:OS 4.1 JB編) »

U.S. から薪割り機を個人輸入してみる。 (その4 費用編)

今回の費用のまとめ。

商品 1,604 USD * 86.5 (支払い時の交換レート) *1.05 (購入代行手数料 5%) = \145,683-
送料 船便コンテナ混載 1.84m^3 * 46,000- (m^3 単価) = \84,000- (詳しくはこちら)
輸入検査立会料 \5,000-
地方税・消費税 \9,500-
動植物検疫検査料 \13,874-
浜松-名古屋荷物引き取り交通費 \10,000-
合計 \268,057-  (Blog のフォーマットだと桁があわない・・・)

 ちなみに今回購入した機械は日本国内ではここから買えます。たぶん。知らないけど。私は15万円くらい安く買えたことになってるようだ・・・。

 今回は通関後の荷物引き受けは興味半分で倉庫まで引き取りに行ったけれど配達も可。名古屋-浜松 で \25,000-。荷受け時に要フォークリフト。(無理な場合は輸送業者に要相談)

 まぁ、差額は壊れたときとか、アフターサービスの値段なんだろう。今回のような個人輸入は自己責任とかそういう話。今回は割り切った。薪割り機なだけに。

 ・エンジン本体は世界に誇るホンダ製
 ・作動部は薪割り機は単純な油圧シリンダ
 ・油圧ポンプは汎用
 ・ホースは汎用

すなわち、覚悟を決めれば (壊れた場合、15万円と手間をかけて修理するだけの腹を据えれば) 日本国内でも直せないことはない、と踏んだ。一応機械相手の技術屋だし。最悪、英語でメーカーとやりとりすれば保証期間は何とかなる。はずってことで。

今回輸送をお願いしたインターフォワードシステムズには本当にお世話になった。

冗談半分でスタートした混載コンテナでの個人輸入があまりにもハードルが低くて拍子抜けしたというのが正直な感想。(中本さん、竹田さん、お手数おかけしました。ありがとうございました) 

さぁ、いよいよ今週末は試運転!(営業運転?)

« U.S. から薪割り機を個人輸入してみる。 (その3 引き取り編) | トップページ | iPhone 3G をまだまだ使う (その1:OS 4.1 JB編) »

薪割りな日々」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

突然のメールですが、このブログを拝

見し大変、感銘致しました。

私も薪割り機を購入予定ですが、

是非、個人輸入にチャレンジしたいと考え

ております。

その際に是非ともアドバイス等ご教授頂

きたくメールさせて頂きました。

私は、岐阜市に在住です。

宜しくお願いします。

吉村さん

はじめまして。さむやぁ です。

難しい部分はほとんど輸入業者さんにお願いしてしまったので私はメールでやりとりしていただけなんです。

なので、アドバイス、というほどのものができるか分かりませんが、できる範囲でお手伝いさせていただきます。


はじめまして ブログ見させてもらいました 
インターフォワードさんから聞きました
私も薪割り機検討してます 27tの薪割り機調子はどうでしょうか

ハラモク様

返答遅れました。

薪割り機、非常に調子が良いです。丸太を捌く時に根コブや節だらけの股の部分もそのまま貰ってきてすぐにバキバキーってな感じです。斧で割れずに不良資産になることがなくなりました。

残念ながら騒音が凄いです。住宅地の中での使用はお勧めできません・・・。

こんにちは 先月末に中本さんにt15のものをたのみました まだ着ませんが楽しみにしております

ハラモク様

注文してしまいましたか。すばらしい。

私の 27t は現在公道走行可能にするためにナンバー取得の準備中です。現場作業車トレーラー (軽 8ナンバー) というものになるようですが、書類作成と強度計算に悪戦苦闘中です。

近いうちに (いつになることやら) 経緯を順次アップしていくつもりです。引き続きおつきあいください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/49918639

この記事へのトラックバック一覧です: U.S. から薪割り機を個人輸入してみる。 (その4 費用編):

« U.S. から薪割り機を個人輸入してみる。 (その3 引き取り編) | トップページ | iPhone 3G をまだまだ使う (その1:OS 4.1 JB編) »