« パフォーマンスダンパーを流用する (その1 準備編) | トップページ | パフォーマンスダンパーを流用する (その3 装着編) »

パフォーマンスダンパーを流用する (その2 構想編)

 まずは取り付け場所の選択。

Pd_all

 注文したブツはこれ。カローラフィールダー エアロツアラーの Fr 用。トヨタ品番で 48690-12050 で普通に部品として出る。ダンパー本体に鋳鉄製のブラケットが付いた状態でアッセンブリー。値段は \30,000-弱。この買い物が安いか、高いかはまだ微妙だ。

Pd_end

 ブラケットがカッコワルイが連結部がピロージョイントになっているので、両端ボルト止めするだけでダンパー本体にはモーメントがかからない。このまま使えばダンパーのポテンシャルをフルに生かせるはずなのでとりあえずはこのまま取り付けられるように考えてみる。候補としては

 ・フロア下
   飛び石とかがちょっと心配

 ・Fr ストラットタワー
   ステーを作るのが面倒

 ・Rr ストラットタワー
   ステーを作るのが面倒、給油パイプの逃げ処理が面倒

と言うわけで結局ここにおくのが一番簡単と言う結論。見てくれがカッコワルイかはステーを作って、取り付けて、効果を確認してから考える。

Pdon_2

うちのロドスタは NA8 なので元々ここにはブレースバー (ブレーズバー?正式名称知らん) が付いている。NA6→NA8 でわざわざマツダが取り付けたところなのでそれなりに効果はあるはずだ。取り付けも楽だし。

« パフォーマンスダンパーを流用する (その1 準備編) | トップページ | パフォーマンスダンパーを流用する (その3 装着編) »

NA ロードスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/48230523

この記事へのトラックバック一覧です: パフォーマンスダンパーを流用する (その2 構想編):

« パフォーマンスダンパーを流用する (その1 準備編) | トップページ | パフォーマンスダンパーを流用する (その3 装着編) »