« iPhone の PDA 化に関する覚書(その6 まとめ) | トップページ | BT Keyboard キター!! »

iPhone を xGPS でナビ化する

こんな感じで。

Iphonenavi02

まぁ、はっきり言ってしまうと大したことはしていない。いつものように。

ナビ化するに際して問題は置き場。

狭い運転席に座って構想 5分。
eBay を眺めて 10分。
ポチって待つこと 1週間。
取り付け加工 5分。
カーステからの USB ケーブルを引き回す内装剥がし、戻しに 10分。

一番の肝は iPhone の固定。これを eBay で注文したのだ。まぁ、似たような製品はいろんな所から出ているので何でもいいと思うけど。

iPhone のホールドは意外とがっちりしていてお世辞にも乗り心地が良いとは言えないうちのロドスタでも落ちそうな気配なし。ただしクリップそのもののホールドは弱いので、ミラーカバーへの固定方法は工夫が必要。タッピングスクリューとか。

テストドライブでナビってみた画面がこれ。

Img_0305

言語設定を英語にするとしゃべるらしい・・・。日本語設定では音声案内不可。それでも簡単なインフォメーションは最上段に出ているので問題ない。運転中のチラ見だとこんな小さな字は・・読めない・・。

わざと案内するルートから外れてもリルートも比較的速くて十分実用的。ただ、現在の xGPS の機能では目的地を選ぶのに地図を見ながらのピンポイント設定はできず、住所を入力する必要があるのはちょっと不便。今のところルート検索の妥当性とかは未確認。

オンラインでの使用では google map のダウンロードをしているのでもちろんだが、地図をあらかじめ PC で取得、iPhone に転送したオフラインでの使用でもルート検索時 (最初の設定時、リルート時のいずれも) には 3G 回線で通信する。これは xGPS が使用している google map 側の仕様のようで (ここを参照) xGPS 2.0 のリリース時には改善されるらしい。
(2.0 っていつ頃リリースされるんだろ・・・・?)

カーステと USB 接続しているので電池の減りも気にしなくても良いのだが iPhone 側の問題かカーステ側の問題か、特定の手順を踏まないと USB からの給電が有効にならない。この電源周りの挙動がもう少しはっきりしたら次は音楽も iPhone から供給するのだ。

« iPhone の PDA 化に関する覚書(その6 まとめ) | トップページ | BT Keyboard キター!! »

モバイルガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/47059430

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone を xGPS でナビ化する:

« iPhone の PDA 化に関する覚書(その6 まとめ) | トップページ | BT Keyboard キター!! »