« ブルホーンに STI を組む。その 4(ブレーキワイヤー取り回し後編) | トップページ | iPhone の PDA 化に関する覚書(その1 Lotus Notes と同期する) »

スマートフォン伸び止まらず

らしい。

Smartphone01

元記事 。Wikipediaによると、スマートフォンはこんな端末らしい。

 なるほど。

 702NK→705NKと カスタマイズも簡単、必要な機能を備えたソフトの入手も可能なNOKIA 端末で当たり前のようにできたことは最近の高機能ケータイではできるんだろうか。

1. 仕事で使っているグループウェアのスケジューラとリンクして
2. 打ち合わせの10分前にアラートを鳴らし
3. 打ち合わせの時間に自動的にマナーモードになり
4. 打ち合わせ終了後に通常モードに復帰

 ごく普通に欲しいたったこれだけの機能すら日本製の端末には無かったりする。
(Softbank 端末に限る?ショップで聞いた、カタログで調査、デモ端末を操作しての結果。いや、この機種ならできる、といった情報あればください。)

「クセがあって使いにくいですよ」・・・702NK
「日本製とだいぶ使い勝手が違いますが大丈夫ですか」・・・705NK
「PCと連携することが前提の端末です」・・・iPhone

 何故に売り子嬢はお勧めしないのだろう・・・。

 使いやすい道具は自分で造る、必要に応じて手を入れる。メーカーお仕着せではない道具に仕立てられる、仕事に使うに堪える道具が選択されていくのはある意味正しいことじゃないかと思うのだが。

 何故にニュースになる・・・・?

« ブルホーンに STI を組む。その 4(ブレーキワイヤー取り回し後編) | トップページ | iPhone の PDA 化に関する覚書(その1 Lotus Notes と同期する) »

モバイルガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/46723836

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォン伸び止まらず:

« ブルホーンに STI を組む。その 4(ブレーキワイヤー取り回し後編) | トップページ | iPhone の PDA 化に関する覚書(その1 Lotus Notes と同期する) »