« Roadster でトレーラーを牽引する。(解決編) | トップページ | スマートフォン伸び止まらず »

ブルホーンに STI を組む。その 4(ブレーキワイヤー取り回し後編)

 スタンダードのVブレーキ + トラベルエージェントの組み合わせに見切りをつけたので、Bike24というドイツのショップからテクトロのRX5を購入。円高の強みか送料を入れても国内で買うのと大差ない上、クレジットカードでクリックした瞬間に決済されるお手軽さを知ってしまうと、ほとんどのショップが銀行振込の国内の通販は使う気がしない・・・・。

さて。いきなりだが完成型がこれ。
Rx5

 シューは評判があまりよろしくない RX3 に比べれば良いらしいが、これまで使っていたものを使うことにして交換。

 通常、ロード用のレバーにはブレーキ、シフター共にワイヤーアジャスターはついておらず、これにアジャスター無しのmini-Vブレーキを組み合わせるとそれでなくともシビアなワイヤー調整が超絶難しくなってしまう。ましてや今回は新品のワイヤーなので初期伸びにすら対応できない。

 というわけでブレーキといっしょに頼んだのがこのパーツ。
04

 STI レバーからのケーブル引き込みに使ったダイアコンペのフレキシブルワイヤーリードにアジャスターがついたもの。ただ、今回はこのアジャスターしか使わない。パイプから取り外してRX5付属のリードパイプに組みあわせることで STI レバー + V ブレーキでも微調整が可能になる。

 実はこのアジャスターを使うのにはもう一つ理由がある。

mini-V はケーブルストロークが小さいため、ブレーキアームからワイヤーリードをはずせない。すなわちホイールにクイックリリースが付いていてもブレーキが開かないのでパンクや車載時にホイールを外せず、せっかく調整して締めたクランプを緩める必要が出てしまう。

 ところがこのアジャスターが付いていれば、目一杯緩めればこの問題は解決。微調整可能になるよりも実はこのメリットの方が大きい。RX6 にはどうやらこのアジャスティングバレルが付いている (と HP には記載してある) が、いろんなパーツの組み合わせをすれば等価の機能には近づける。高いけど。

 なにしろ組んで行くにしたがって問題が出て、そのたびにいろいろ買うので進まない、出費はかさむ。それでも苦労 (出費) の甲斐あってブレーキはまぁまぁ納得できるレベルには落ち着いた。もうちょっとカチッとしたフィーリングになれば最高なんだけど・・・・。

« Roadster でトレーラーを牽引する。(解決編) | トップページ | スマートフォン伸び止まらず »

自転車」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も今bianchi LUPO(シクロクロス)に乗っていて、はじめはカンチだったのですが制動力を求めてVブレーキ+トラベルエージェントを使用しています。
効きは悪くないのですが、どうも調整が面倒でどうしたものかと考えています。

ショートVの効きはいかがですか?カンチと変わりはありますか?

Wレバーにして、などとも考えてはいますがやはりブレーキの効きを最優先したくて悩んでいて・・・

突然失礼致しました。

harryさん

返事遅れて申し訳ありません。

 ショートVですが、カンチに対してはほぼ同等。MTB 用のVに対しては若干劣るかな、という感じです。

 私の組み合わせだとブルホーンにするために使用したフレキシブルワイヤーリードが若干剛性不足なフィーリングに繋がってかっちり感がちょっと足りません。街乗りには十分なんですが。

 さて、コメントいただいた件ですが、レバー比はロードレバー+ショートVでロードレバー+カンチとほぼ同じになりますね。絶対制動力はシューの選択とレバー比で決まります。なるので劇的な制動力の向上は期待できない、と理解してます。

 個人的な意見で申し訳ないですが、私は初期制動までのフリクションの軽さと、パッドが当たった瞬間から握りこんでいく握力に対するの抗力の立ち上がり方がブレーキのフィーリングとコントロール性を決めていると思っており、これこそがブレーキの性能として求められているものだと考えています。

 その意味ではトラベルエージェントは私の求めるものにはとうてい及ばず・・・多分もう使うことはないでしょう。ショートV にすれば調整は圧倒的に楽です。ただし前述の通りレバー比が変わるわけではないので・・・・。

 ブレーキインナーワイヤーを Dura-Ace のステンレスに変更してフリクションをへらし、シューも同じ Dura-Ace のものに変更。前後で \3,000-程度でフィーリングは激変します。(もうトライ済みなら申し訳ありません)

私は実は現在もシューを取っ替え引っ替えしながらフィーリングと絶対制動力の両立を求めてトライしている最中なのです。

 また、いいフィーリングの組み合わせが得られたらアップします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/46214572

この記事へのトラックバック一覧です: ブルホーンに STI を組む。その 4(ブレーキワイヤー取り回し後編):

« Roadster でトレーラーを牽引する。(解決編) | トップページ | スマートフォン伸び止まらず »