« ブルホーンに STI を組む。その 3(ブレーキワイヤー取り回し中編) | トップページ | ブルホーンに STI を組む。その 4(ブレーキワイヤー取り回し後編) »

Roadster でトレーラーを牽引する。(解決編)

ひょんなことから解決。

Photo

 以前車両総重量 520kg で引っかかったトレーラーは SUNTREX 製。ちょっと面倒だけれども荷台を分割すればほぼ直立するタイプで置き場所にはやや融通が利いたもの。ロードスターで引きたいんだけど重量がねーなんて話を職場でしていたら SOREX 製の直立はしないし分割もないけれども車両総重量が 470kg のものを入手したひとがいる、という情報あり。

 早速交渉。難なく成立。

 幸いにも同程度のヤレ具合、年式で追い金無しで交換。晴れてうちのNA8 はトレーラーを引くことができるようになったのであった。

 で、今回の顛末のまとめ。

 ・ヒッチメンバーの入手はそれほど難しくない。国内には特注で作ってくれるメーカーもあるが簡単には eBay で US から直輸入可。特注で作るよりはるかに安い。ただし、ヒッチメンバーのレシーバーサイズは 1-1/4 と US 規格で言う Class I 。国内に多く流通している 2インチのサイクルキャリアとか、ヒッチキャリアは使えない可能性が高い。(ただし、1-1/4 と 2インチのコンパチになってるものもある)

 ・ヒッチボールは 2インチが国内に流通しているカプラに合うが、ヒッチメンバー付属のレシーバーの穴径が 19mm と小さく、これまた普通に流通しているネジ径 22mm では合わない。ヒッチボールの入手先は (野望編) 参照。

 ・軽量が身上の NA シリーズでは道交法上車両総重量が 490kg 以下のものしか牽けない。最近はこの制約を理解して、車台や構造は上位機種と同じながら最大積載量を小さめに申告して車両総重量を抑えている製品をラインナップにあげているトレーラーメーカーも多い。軽自動車で牽けるようなものもあり。(といっても最近の軽はロドスタより重いやつがあったりするのだが)

 ・連結検討書は検査登録事務所で半日潰す気になれば作成は難しいものではない。どうせ車検証の記載変更は必要なので、そのときにやれば OK。

こんなかんじ。

« ブルホーンに STI を組む。その 3(ブレーキワイヤー取り回し中編) | トップページ | ブルホーンに STI を組む。その 4(ブレーキワイヤー取り回し後編) »

NA ロードスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/46065937

この記事へのトラックバック一覧です: Roadster でトレーラーを牽引する。(解決編):

« ブルホーンに STI を組む。その 3(ブレーキワイヤー取り回し中編) | トップページ | ブルホーンに STI を組む。その 4(ブレーキワイヤー取り回し後編) »