« 工具箱の中に | トップページ | ブルホーンに STI を組む。その 1(準備編) »

メタ安定状態

 を体験する。

Impreza
(画像は SUBARU の HP より転載)

 不景気のためか夏休みをちょっとずらすと意外と空いていて安価で海外逃亡できることに気が付きハワイへ。

 現地で借りたインプレッサのクルーズコントロールは昨今流行の前走車をセンシングして車間距離をコントロールするような高度なものではなく単純に速度を一定に保つ昔ながらのタイプ。バブル期には声高に宣伝されたこの装備、学術的には渋滞緩和につながるの研究発表されている。それでもなかなかその恩恵にあずかることもなく最近は微妙な立ち位置にあるように思っていたのだが実はその効果は想像以上のものだった。

 ハワイの乗用車のクルーズコントロールの普及率はざっくり調べても具体的な数字をみつけられなかったのだがフリーウェイを走る限り ”かなりの確率” といって差し支えないと思う。というのもフリーウェイ走行中に上り坂でも下り坂でもクルーズコントロール制御下にある自車と他車との速度差がほとんど出ない状況に多く遭遇したからだ。

メタ安定状態渋滞学に よると渋滞に移行する直前の効率の良い(かつ不安定で渋滞状態に容易に移行する)走行状態であるとのこと。短い車間距離、高速(制限速度に近い)で多くの 車両が併走する状態で、緩い上り坂で前車の速度が落ち、後続車がブレーキを踏むとそのブレーキランプにより更に後続がブレーキをかけ、順々に速度が落ちて 渋滞へ移行する、そんな状態と考えればだいたい間違っていないだろう。

 自分もクルコン、他もクルコン(と思われる)、という状況では日本の高速道路では考えられないような短い車間距離での高速巡航、まさにメタ安定状態にハマる。上り坂でも前車の速度は落ちず。夜間の東名高速のような車間距離 15m 以下で延々と繋がる大型トラックのような光景が5車線のフリーウェイで展開される。

 先日日本で使用したレンタカーにはインパネに瞬時燃費が表示されていて、アクセルを踏み込むと罪悪感をあおるかのように瞬時燃費は悪化し、上り坂でも極力アクセルを踏まない運転になるように誘導しているかのようであった。そんな運転が渋滞に繋がるとしたら、個ではエコでも全としてはエコではなく、アクセルを踏んで少しでも渋滞を緩和した方がよっぽどエコではないかと思う。

 確かに瞬時燃費はインジェクタの駆動時間にいくつかの補正係数をかければ簡単に算出できるし、インパネにディスプレイとして出すことは容易。個であるユーザーへの訴求もしやすい。

 それでもメーカーとしてエコを謳うのであれば実は全車クルコン標準装備で車社会全体として渋滞緩和で、結果としてエコ、というのも一つのアプローチだと思う。残念ながら、今からアクションを起こしても混在期に効果が出にくいという難点もある上、現存車の大半がクルコン標準装備車に入れ替わるには 10年近くかかってしまうのだが。

« 工具箱の中に | トップページ | ブルホーンに STI を組む。その 1(準備編) »

ユーザーインターフェース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/45911733

この記事へのトラックバック一覧です: メタ安定状態:

« 工具箱の中に | トップページ | ブルホーンに STI を組む。その 1(準備編) »