« eBoostr を試してみたが・・・・ | トップページ | EASEUS Partition Manager でひっかかる »

UMPC購入・・・・

 最近不安定になってきた CF-B5 にいよいよ見切りをつけることに。

 キータッチやポインティングデバイスの使い勝手を確認したいと思っていたところ、近所の OA Nagashima に EeePC から最近の NEC まで (DELL は無し) 展示されていると聞き、早速チェック。事前情報は Web などで一通りチェックしており、当初は HP 2133 を考えていたのだが・・・。
Aspireone_2
 EeePCシリーズ・・・想定している用途に SSD は容量上ちょっと辛い・・・・。
 HP 2133・・・クリックボタンが最悪。深くてクリック感に乏しい・・・。
 Aspire One・・・Keyboard は CF-B5並。OK。クリックボタンは深くて重いがクリック感あり。
 KOJINSHA シリーズ・・・小さすぎ。
 NEC・・・デザインいまいち。

 あ、個人的な感想です。特定の機種を誹謗中傷するものではありません。念のため。

 残るは DELL なのだが、今年の 4月に買った XPS 1330 のポインティングデバイスがいまいち (ユーティリティが DELL オリジナル) な上にクリックボタンが深すぎてストレスになる場面が多かったので、見ずに (触らずに) 買うことはもはやできない・・・・。

 性能的に比較するポイントの少ない UMPC においては入力インターフェースの優劣が選択のキーであり、コストダウン品だからで納得してはいけないポイントと考えた。というわけで Synaptics 製のユーティリティ搭載の ASPIRE One を選択。

 早速先日退役直前の CF-B5 に導入してレスポンス向上に貢献した eBoostr を導入。1GB の RAM の一部をキャッシュ領域を割り当てて快適!

 しかしこの eBoostr が足を引っ張ることになるとはこの時点では全く考えもしなかったのであった・・・・。

« eBoostr を試してみたが・・・・ | トップページ | EASEUS Partition Manager でひっかかる »

PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/43123856

この記事へのトラックバック一覧です: UMPC購入・・・・:

« eBoostr を試してみたが・・・・ | トップページ | EASEUS Partition Manager でひっかかる »