« クロスプレーン型クランクシャフトとはなんぞや? | トップページ | UMPC購入・・・・ »

eBoostr を試してみたが・・・・

果たしてこれは実力か?

一度は見切りをつけた 256MB 化 CF-B5 を無理矢理復活させ更に踏み込んで延命措置を施す。やはりこの大きさは捨てがたい・・・。

で、eBoostr。メモリの上限が決まっている 440MX にこそ使うべきソフトであるはずだ!。

Eboostr

速度比 2.7倍は歓迎すべき数字である。・・・・でいいのか?

HDD のダイレクトアクセス 2.4MB/s も eBoostr が利用するフラッシュメモリへのアクセス 6.5MB/s も遅くはないか?

使用したフラッシュメモリは紆余曲折あったのだが、結局 TRANSEND の266倍速 2GB CF を SANWA Supply の CardBus CF アダプタ (Max 16MB/s) で使用。直後は CrystalDiskMark でもランダムアクセス 16MB/s を誇っていた。つまりハードウェアスペック上のほぼ上限。40MB/s までいける飛鳥の cardbus cf アダプタを買おうかと言う気分になるもの。

なのに、である。

無理と若干思いつつも Norton Internet Security 2004 (古!) をインストールしたあたりから何かが狂い始める。

インストール直後は激遅。HDD のランダムアクセスは 1MB/s を下回り、フラッシュメモリへのアクセスも 1.5MB/s。それって、CF の 1倍速じゃん?っつうことで、完全アンインストールをしたのだが、それでも速度は復活せず。

結局原因は何か分からないまま。

メモリアクセス (HDDアクセスも含めて) を阻害するボトルネックは別にあるらしい・・・・。



« クロスプレーン型クランクシャフトとはなんぞや? | トップページ | UMPC購入・・・・ »

PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221851/42768168

この記事へのトラックバック一覧です: eBoostr を試してみたが・・・・:

« クロスプレーン型クランクシャフトとはなんぞや? | トップページ | UMPC購入・・・・ »